東大うどん部

うどんを学ぶ、うどんで学ぶ」〜


東大うどん部とは

東大うどん部は、うどんの魅力を伝えるべく活動している東京大学の学友会加盟サークルです。

主な活動としては、お店に行ってうどんをいただく(食べる)「遠征」と、うどん作りを行っています。

お問い合わせはinfo★todaiudonbu.jp(★を@に変えて下さい)までお願いします。

第94回五月祭
特設ページはこちら

主な活動内容(詳細は画像をタップ)

主に首都圏のうどん屋さんでうどんをいただく活動です。

五月祭(5月),駒場祭(11月)の学園祭で焼きうどんを出品します。

讃岐うどん発祥の地・香川を訪れて讃岐うどんの何たるかを少しでも知ろうとする遠征です。毎年行っています。

年に数回のペースでうどん作りを行っています。

入部について

入部条件

学生でありうどんを食べられるならば、だれでも入部が可能です。社会人については現うどん部員の紹介をお願いします。

入部方法

うどん部は随時入部可能です。うどん部のメールアドレス、infotodaiudonbu.jp(★を@に変えてください)までご連絡ください。応対いたします。うどんへの熱い想いを語っていただけると、早いうちから覚えられやすくなります。

活動方法

遠征を主として活動を行っております。うどん部で言う、遠征とは、うどん屋さんでうどんをいただく活動です。

部員間でなかなか都合も合わないので、各回参加は任意です。部員の誰が提案しても構いません。 今までに確認しただけでも139件のうどん屋さんに訪問しています。

SNS

過去の遠征の様子などぜひご覧ください!