活動記録‎ > ‎遠征‎ > ‎2014年‎ > ‎

丸香新年遠征

                                                                                                                                                                                                                                                文責:濱中
あけましておめでとうございます。
去年の年始は改装のため、開催できなかった丸香新年遠征に行ってきました。
2時から150食限定でお雑煮が出されるということで、1時半に御茶ノ水駅で集合して店には1時45分につきました。すでに50人ぐらい並んでいて、うどんのみを頼む人の列と、お雑煮を頼む人の列が出来ていました。丸香マニアのうどん部員はもちろんお雑煮を頼みます(笑)私はあつかけうどん、えびちくわ天付きのお雑煮セット(880円)を頼みました。

30分くらい待って、ようやく店の中に通されました。うーん、いいにおい!丸香ならではの、いりこだしと天ぷらのまじったこの香ばしい匂い。たまりませんね。今日はいつもにもまして気忙しく店員さんが動き回っています。

そしてうどんが運ばれてきました。写真には写っていませんが、机の上には山盛りの天かすがが置かれていて、好きなだけうどんにかけることができます。ちょっと遅めのお昼ということもあって、腹の虫が鳴っていました。私は本能に従ってたっぷりの天かすをうどんに上にかけました。そして、うどんを口元に運びます。口の中がいりこだしの香りでいっぱいになりました。うどんの麺はつるっとしています。




うどんを食べ終わったころにお雑煮が出てきました。白みそにおもち、ニンジン、大根が入ってます。このおもちなんか黒っぽいなあと思っていたら、なんとおもちの中に甘い餡子が入っていました。意外にそんなに違和感はありませんでした。
実家のある名古屋のお雑煮しか食べたことのない私にとっては結構なカルチャーショックでしたが、どうやら香川のお雑煮には餡入りもちが一般的に入れられているようです。調べてみたところ、お正月くらいは貴重な砂糖を食べて贅沢しようという事で入れられ始めたようです。

丸香は年末は年越しそばをやっているそうで、これもまた香川独特の年越しそばを食べられるそうなので、今年はそちらのほうも言ってみたいですね。

今年も一年間うどん部をよろしくお願いします。