活動記録‎ > ‎遠征‎ > ‎2012年‎ > ‎うどんすきの会‎ > ‎

神楽坂 鳥茶屋 本店(東京都新宿区)

文: 大谷直也

ついに、この時がやってきました。
うどん料理の最高峰「うどんすき」を、うどん部がいただきます。

うどんすきとは、野菜・豆腐・練り物・きのこ・海老・貝・・・などの上質な具材をうどんとともに煮込んだ、いわばうどん鍋です。
懐石の一部として出されることが多く、高い店では一人前4000円以上、安くても2000円以下なんてほぼありえないような高級料理です。
もちろん、食べるのは初めて。ずっと心惹かれていましたが、個人だとちょっと・・・と思っていたので、うどん部として行くことにしたのです。


今回は神楽坂の「鳥茶屋」というお店に行くことにしました。
ランチで単品にすることで、なんとか一人前1550円に抑えることができました。
まだちょっと高い気もしますが、まあ、飲み会に行ったと思えばいいんです

当日は全部で7人の部員が集まりました。高いから誰も来ないかも・・・と心配していたので一安心です。
鳥茶屋は神楽坂の路地裏にあります。階段状の道を登っていくと、純和風の建物が。
中に入ると、お座敷に通されました。この時点で部員たちはちょっと気圧され気味。


これがうどんすきです。3~4人前くらいが一つの大鍋に入ってます。
予想外の具の多さに一同びっくり。うどんが見えません。

さて、うどんはというと、


極太でした。しかも長いです。(これの5倍くらいの長さがありました)
これはお腹にたまりそうですね。

一度にたくさんの量が煮込まれていることもあってか、具材からいいだしが出ていました。
それが太いうどんの中にまで染み込んで・・・鍋のシメを最初から食べているかのような喜びを感じました。

この後は、無料でデザートのシャーベットがつきました。
単品で足りるかな?とも思っていましたが、だいたいの人は満腹になったようです。


今回はいつもより価格帯が高めでしたが、新たなうどんの世界を広げられたと思っています。
ただ、こんな遠征ばかりだとさすがに財布が持たないので、次のうどんすきはまた来年ということで・・・