活動記録‎ > ‎遠征‎ > ‎2012年‎ > ‎つるとんたん遠征‎ > ‎

麺匠の心つくし つるとんたん 六本木店(東京都港区)

文: 大谷直也

店別一覧(麺匠の心つくし つるとんたん 六本木店)に戻る

三連続遠征の第二弾は、高級感漂ううどん屋「つるとんたん」です。
今回は六本木店に行ってきました。
 
つるとんたんは「麺匠の心づくし」と銘打つように、あらゆる面で格式あるお店です。
  • うどんではなく「おうどん」と言う
  • ウェイターはタキシード(女性は和服)
  • 豪華な内装
  • 2000円台に迫るメニューがある
  • これまた高いお土産を売っている
などなど。ここによく通う芸能人も多くいるそうです。
しかしその一方で、最低価格は680円ほどで、うどんは三玉まで無料で増量できるなど、リーズナブルな面も合わせ持っています。
安くしこたまうどんを食べたいときも意外とおすすめです。
 
今回は、どの部員も多めにお金を持ってきたらしく、けっこう高価なものを頼んでいました。
正直なところ、値段は控えめで抑えたかったのですが・・・あまり安いものを頼むわけにもいかず。
 
 
悩んだ末今回は、玉子とじのおうどん(780円)2.5玉にしました。
 
つるとんたんのうどんは、だしがいい味を出しています。
麺や具にもだしの味がよく染み込んでおり、量が多めでも食が進みます。
麺はもちもちしてお腹にたまりやすく、満腹感もしっかり感じることができます。
 
上の写真の麺は普通の麺ですが、つるとんたんでは麺を京風の細麺に変えることができます。
 
 
細麺にするとこんな感じです。
玉子とよく絡みそうですね。
 
今回は質と量ともに大満足でした。ぜひまたうどんをしこたま食べに行きたいです。
ちなみに部員のほとんどが三玉を完食しています。「まだいける」と言っていた人もいるくらいなので、つるとんたんに行ったらどんどん麺を増やしましょう。

店別一覧(麺匠の心つくし つるとんたん 六本木店)に戻る