活動記録‎ > ‎遠征‎ > ‎2012年‎ > ‎都心うどんの会再び‎ > ‎

大阪河内おうどん クロワ 京橋店(東京都中央区)

文: 大谷直也

前回、お盆休みのため行けなかった「大阪河内おうどん クロワ」。
このまま行かないで済ますわけにもいかないので、8月末にもう一度挑戦することにしました。
前回のメンバーは予定が合いませんでしたが、今回が初めての遠征だという他大の方が参加してくれました。


うどん屋にしては外観は結構派手な方です。下見に行ったときもすぐ分かりました。

このお店では「かすうどん」という独特のうどんを楽しむことができます。
かすうどんは、だしの中に肉の油かすが入っているうどんで、大阪の南河内で食べられてきました。


今回は、お店のおすすめである「肉つけかすうどん」(800円)です。

食べる前はちょっとしつこそう、と思っていましたが、肉の味わいを楽しみつつ意外とあっさりと食べられます。
油ものを食べてもたれる原因は、「油や肉の質の悪さ」です。
このお店はふだんはホルモン屋もやっているそうで、肉の質はとても良いです。油臭さも一切ありませんでした。


また、このお店ではごはんが無料でついてくるので、残ったつけだしにごはんを投入するとまた美味しいです。
(前回も同じことをやったような・・・)

今回は油とのコラボという、うどんの新たな一面を発見することができました。
うどんはどこにでもある分、地域ごとに多種多様な発展を見せてくれるのが魅力の一つです。
大阪に行く機会があったら、きつねだけではなく、かすうどんもぜひ食べてみたいですね。