部員の家

文: 大谷直也

5月27日に、「うどんを食べる会」というものを行いました。
部員の自宅(一人暮らし)に行ってうどんを茹で、食べ比べながらみんなで談笑するという、うどん部に似つかわしくないほどリア充感の漂う活動です。

ことの起こりは5月上旬、高校時代の恩師(香川県丸亀市出身)から讃岐うどんを送っていただいたことに始まります。
突然のことに驚きつつ、そういえば1月にあった同窓会でうどん部の話をしたような・・・と思い当たりました。
「うどん部」というのは一般の方には相当インパクトがあるようですね。

一人では食べきれない量だったので、じゃあみんなで食べようかと思い企画を立てたところ、参加者が8人近く集まったため、「それなら他の地域のうどんも買ってしまおう!」という発想に至ったわけです。


こちらが準備したうどんです。どれも1袋2人前です。
  • 讃岐うどん(中2袋、極太1袋)
  • 稲庭うどん
  • 本荘うどん(稲庭に近いところだそうです)
  • 水沢うどん
  • 上州ひもかわうどん
これに加えて、ねぎや天ぷら、めんつゆなどを買い足しました。


今回は、部員の家にでかい鍋があったのが幸いしました。
うどんがブレるくらい鍋の中でぐるぐる踊ってます。
ちなみにこれは讃岐うどん(極太)を茹でているところです。


この平たいのはひもかわうどんです。群馬県桐生市の名物です。
これでもほうとうどころの太さではないですが、現地のお店ではこの5倍以上太いそうです。


うどんを食べながら、大いに盛り上がりました。


なぜかウォッカも進みました。

たまにはこういうイベントもいいものですね。
最後になりますが、うどんを送ってくださった高校時代の先生、ありがとうございました!