活動記録‎ > ‎遠征‎ > ‎2012年‎ > ‎関西遠征‎ > ‎

梅田はがくれ(大阪府大阪市)

文: 加藤集平

またまた日を改めまして、この日は大阪駅前第3ビルの地下にある梅田はがくれうどん棒 大阪本店を訪れます。こちらの2店舗も、関西極楽さぬきうどん掲載のお店です。
大阪駅前には第1ビル〜第4ビルと4つのビルがあり、それぞれの地下街がつながっています(駅の地下街ともつながっています)。この駅前ビルの地下街、地下街なのに八百屋さんがあったり、これでもかというほどの数の金券ショップがあったりと魅惑のパラダイス。ここを見て回るだけで3日は楽しめるんじゃないか、ここを探検したい!と思ったのですが、今回はうどん遠征ということで別の機会にすることに。

さて、本日1店目の梅田はがくれに到着です。


事前の下調べが甘い私がお店の前で「どれにしようかな…」と悩んでいたところ、「どうぞ〜」と半ば強引に店内に呼ばれます。
そして、またひやかけ的なものを期待して山かけ(800円)、そしていなり(100円)を注文。

運ばれてきたうどんは…


ひやかけ的なものではありませんでした。ぶっかけ的なものでした。

さっそくだしをかけていただきます。と、その時隣の席のお客さんに対して大将の醤油がけパフォーマンスが!!
そう、こちらのお店は生じょうゆうどん(600円)を頼むと、大将が
  • かける醤油の適量
  • おいしく食べる方法
を実際に醤油をかけながら教えてくれるいわゆる醤油がけパフォーマンスをしてくださるのです!
どうせひやかけ的なものでないのなら、生じょうゆにすればよかった、と隣のお客さんをうらやましく思いつつ食べ進めます。

麺はやや細め、弾力も硬さも中程度で、確かに醤油がよく絡みそうです。


いなりはこちら。


具にねぎが入っています。握りはやや固め。味はそんなに濃くありません。

お店も混んできたので、素早く食べて次のお店に移動することにします。