活動記録‎ > ‎遠征‎ > ‎2012年‎ > ‎関西遠征‎ > ‎

情熱うどん 山斗(大阪府大阪市)

文: 加藤集平

さて、前のお店(極楽うどん TKU)からは日を改めまして、この日は
  • 情熱うどん 山斗(大阪府大阪市)
  • 三ツ島 真打(大阪府門真市)
  • 情熱うどん 讃州(大阪府大阪市)
の3店を回ります。実はこの日は寝坊をしてしまったので、お店とお店の間の移動は全速力で走らなければならないほど時間がツメツメになってしまっている、という状態です。

まずはこの日1店目、ぴょんこさんに紹介された情熱うどん 山斗へ。熱い名前ですね。


ちょうどお昼時で混んでいたので、入店後少し待って席に案内されます。店内は手前がカウンター席で、奥がカウンター席。私が案内されたのはカウンター席です。


ひやかけも食べたいのですが…、ここはぴょんこさんおすすめのカレーうどんをいただきます。麺は小盛(-50円)で、しめて650円です。もっと大食いだったら、天ぷらも食べたい…。

などと考えているうちに、カレーうどんが到着!


普段カレーうどんを滅多に食べないので、見ていてもよく分かりません。早速いただきます。

まあ、普段食べていないので食べても結局分かるわけがないのですが、一応感想を書きます。
カレーうどんのカレーというと、普通の(カレーライスの)ルーに相当するものをだしで割って作っているという話を聞きますが、こちらのカレーうどんは、そのだしの味がよく味わえます。カレーの辛さ、味にまったく埋もれることがありません。カレーうどんを普段食べていないのに言うのも何ですが、これぞカレーうどんのカレー、という感じすらしました。

ピントが合っていませんが、麺はこんな感じです。前の極楽うどん TKUほどではありません(※)が、引き続き力強めの麺です。

※温かいから、かもしれません。


というわけで、結局もっと色々なカレーうどんを食べて、カレーうどんを理解せよ!という感じでしたが、とにかくおいしかったです。特に、カレーはだしが効いていて非常に美味でした。

次は、じょんならんの店主さん一押しの三ツ島 真打です!