活動記録‎ > ‎遠征‎ > ‎2012年‎ > ‎関西遠征‎ > ‎

情熱うどん 讃州(大阪府大阪市)

文: 加藤集平

前のお店完全満腹状態で出発した私は、市営地下鉄長堀鶴見緑地線を引き返し、次なる目的地情熱うどん 讃州に向かいます。2店前の情熱うどん 山斗は同系列のお店で、こちら「讃州」が、一番の親玉です。「山斗」と同じく、ぴょんこさんおすすめのお店です。

途中2回の乗り換えも満腹でつらかったのですが、何とか最寄駅の市営地下鉄御堂筋線中津駅に到着(阪急の中津駅ではありません)。
そして下調べの甘い私はまたまた迷いつつ、何とかお店に到着。

お昼時は過ぎていたので、店内は空いていました。案内された2階のテーブル席に着席。
そして、ぴょんこさんが「邪道に思うかもしれないけど是非!」とおっしゃっていた、看板メニューざるチャーシュー(850円)を注文。
うどんと名乗っていれば何でもうどんだと思っている私は邪道だと思うわけもなく、ざるチャーシューの登場を待ちます。ただ、ざるチャーシューという名前はまったくのゲテモノです。

そして運ばれてきたのがこちら!


おお!普通のざるうどんと、一見怪しげなものがたくさん入った汁、という感じです。

少々怪しく思いながらも、麺を汁につけていただきます。どうでしょうか。

おお!全然合います!ラーメンやつけ麺を分かるほど食べたことがないので何とも言えないのですが、濃い目の、ほどよい油を感じられるつけ汁は、完全満腹状態でも食欲を絞り出させてくれました。大体、こういうゲテモノ系(失礼です)のうどんは、お店のメニューにないので自分で作ってみて失敗するのがオチなのですが、ざるチャーシューは、完成されています。この汁、もう普通のつけ汁には戻れないんじゃないかというくらい、うますぎます。実際は、他のお店はこのお店ではないので普通のつけ汁で食べるほかないのですが、この汁があればずっとこの汁で食べていたいくらい、とにかく美味なのです。

…と頭の中では興奮していたのですが、現実には完全満腹状態だったので、いくらざるチャーシューがおいしかろうと、箸はなかなか進みません。もちろん、ざるチャーシューでなかった
ら、何も食べられなかったでしょうから、ざるチャーシューパワーはすごいです。でも、進みません。

ちなみに麺は、普通においしかったです。


そして苦節30分、何とか食べ終わって普段では考えられない超満腹状態でお店を後にしました。もう動けません。でも、すごくおいしかったんです!また来ます!!


この日は超満腹状態でもう入るわけがなかったので、次のお店は日を改めてということに。