活動記録‎ > ‎遠征‎ > ‎2012年‎ > ‎関西遠征‎ > ‎

極楽うどん TKU(大阪府大阪市)


うどんと言えば香川!と思われる方も多い、というよりはほとんではないかと思いますが、そんなことはありません。
関西にはおいしいうどんがひしめいています。私が信頼しているじょんならんの店主さん曰く「一番おいしいうどん屋さんは関西にある」とのこと。
そして前日に、そのじょんならんの店主さんと、香川遠征でもお会いしたブロガーのぴょんこさんから仕入れた情報をもとに、今回関西に乗り込んだわけです。

記念すべき1店目は、ぴょんこさんが紹介してくださった極楽うどん TKUです。


最寄駅は、玉造駅(JR、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線)です。
駅に着いた時点で閉店 (22:00) の23分前…にもかかわらず地図をよく確認してこなかったため、本当は駅のすぐそばなのですが、散々迷ったあげく到着。
お店に滑りこんだのは閉店4分前!ギリギリで申し訳ございません…。

私は初めて訪れるお店では、あればひやかけを注文することにしている&ぴょんこさんからもひやかけをおすすめされていたので注文しようとしたのですが、テーブルのメニューには見当たりません。まだ夏なのに(ひやかけは多くのお店で夏限定だったりします)…と不思議に思いつつ、とりあえず店員さんおすすめのねぎうどん(680円)を注文。

ふぅー、と一息ついてふと壁に目をやると、あ!


「浪速ひやかけあります。560円」の文字が!!!あー!
さっそく店員さんに「あの...注文変更できませんか...?」と頼んでみるものの、もう作り始めているので無理とのこと。
じゃあ仕方がない!と思い、浪速ひやかけも追加で注文することにしました。ただし、麺は店員さんのご厚意で両方ミニサイズに変更していただけました。ありがとうございます。
というのも、ぴょんこさんやじょんならんの店主さんによると、関西のうどん屋さんはどうやら1玉の量が関東よりも多いらしいのです。両方フルサイズだと、食べられなかったかもしれません。

しばらくして、まずはねぎうどんの登場です!


おお!うどんではあまり見かけないのですが、白ねぎ&鶏の最強コンビです。これはだしも期待できそうです。

まずは麺を口に運び、ちょっと噛んでみます。温かいうどんなのであまり期待はしていなかったのですが、

...

...!

この食感はなんでしょう!今までこんなうどんの麺は味わったことがありません。なんというか、麺の力強さが半端ないのです。なんでしょう!

ちょっとピントが合っていませんが、この力強さ、写真でも伝わりますでしょうか!


そして、白ねぎ&鶏の最強コンビが織りなすだしも期待どおり素晴らしいものでした。ねぎの風味と鶏の優しい脂が感じられる、風邪をひいていてもこれを飲めば一発で治りそうな気さえする、そんなだしです。

さあ、麺が上述のように素晴らしかったので、冷たい麺のひやかけではより期待できます。


…...!

麺が冷たいせいか、先ほどのねぎうどんを上回る強烈な麺となっています。噛んだときに押し返してくる力強さが半端ないです。口の中で暴れます
だしはやや薄めでしたが、楽に食べられる感じです。

とにかく強烈な麺でしたが、あまりに衝撃的だったのでむしろすぐに食べ終わってしまいました。もったいない。もっと食べたかったです。

さて、閉店時間もとっくに過ぎていたので、この日はさっさと帰路に。
1店目でいきなり関西うどんの洗礼を受けた形になりましたが、次のお店以降もますます楽しみになってきました!