活動記録‎ > ‎遠征‎ > ‎2012年‎ > ‎博多遠征‎ > ‎

うどん平(福岡県福岡市)

文: 加藤集平

さて、半分不本意ながら讃岐うどんのお店に行ってしまった私は、今度こそ博多うどんを!ということで、有名店であるうどん平(うどんたいら)に向かいます。私の名前は加藤集「平」ですから、勝手に親近感がわきます。

先ほどのお店から5分ほど歩いて到着。


お昼時で結構混んでいます。すぐには入店できません。入り口の引き戸の向こうには、まだ席につけていないお客さんがびっしり。


ところが私は1人客だったためか、他のお客さんを飛ばして案内されました(すみません)。
壁にかかっているメニューを見て、丸天(350円)いなり(160円)を注文。


お昼の混雑時。ほどなくしてうどん+いなりが到着。


うどんですが、麺は太さが5〜6mmで、扁平です。見た感じなんとなくだらんとした感じに見えます。やはりやわらかいのでしょうか。
お箸で持ち上げてみると…


確かにやわらかいです。よく垂れ下がっています。ただ、持ち上げて切れるほどではないようです。

実際に食べてみると、確かにやわらかいのですが、弾力はありました。ただ、讃岐うどんの筋の通った弾力とは違う感じがします。詳しくは分かりません。言葉で言うと、ふにゃふにゃした感じというよりは、だらんとした感じです。見た目もそうでしたね。

だしは薄めで、鰹?昆布?系の味が感じられました。好きです。

そして、いなりが良かったのです。油揚げから適度に染み出てくる汁と、白ごまの入った酢飯が絶妙に合うんです。見た目は素朴なのですが、これまでのいなり人生で私のお気に入りいなりナンバーワンです。


ちなみに丸天は中が詰まっていました。個人的には好みです。


さて、1店だけですが目的の博多うどんをいただくことができました。他のお店はもっと麺がやわらかいという話も聞くので、また博多に行った時に色々伺おうと思います。
一口にうどんと言っても、全国にはやはり色んなうどんがあるのですね!何かと讃岐うどんが幅を利かせるうどん界ですが、他のうどんも忘れないでほしいと思います。