活動記録‎ > ‎遠征‎ > ‎2011年‎ > ‎大塚遠征‎ > ‎

武蔵野うどん いろは 大塚店(東京都豊島区)

文: 加藤集平

今回の遠征では、うどん部として3店目の武蔵野うどんのお店を訪れました。
讃岐うどんがうどん界を席巻する中、武蔵野うどんはその発祥の地・関東で地味に広がっています。

自由通路開通1周年のJR大塚駅のほど近く…


こちらがお店です。まっさらです。


字体と色使いが、何かと丸亀製麺に似た雰囲気。


中へ入ると、席はテーブル12席+カウンター10席=22席。1つ1つの席幅はやや狭めです。

メニューは、一番推しの肉汁うどんをはじめ、つけ麺が主流。
この傾向は、他の武蔵野うどんのお店と同じです。
並盛、中盛、大盛の値段は同一です。うどん屋さんでは普通量によって値段が違うところを、珍しいです。
いわゆる(ラーメンの仲間の)つけ麺を意識したのでしょうか。


この文章を書いている加藤、そしてO川は野菜天付うどん 大盛(780円)、大谷はきのこ汁うどん 大盛(680円)、M田はぶっかけ揚げ餅入り 並盛(700円)を注文。
大量に作り置きはしていないのか、10分ほど待ってうどんが運ばれて来ました。

(野菜天付うどん 大盛)

(ぶっかけ揚げ餅入り 並盛)

(肉汁うどんの写真は撮り忘れてました…ごめんなさい)

まず麺ですが、太さは4mm程度、やや固めで密度の高い、濃い感触の麺です。どっしりと構えている感じです。
讃岐うどんで固めの麺というと、もっと暴れたような感じがしますが、こちらの麺には落ち着きを感じます。
(もっとも讃岐うどんでは最近、しなやかな麺が多くなっているようです)。
舌触りは若干つるつるめ。


だしはオーソドックスに昆布、削り節、いりこからとったものですが、かなり濃く、甘い方です。
個人的にはあまり好みではありませんが、密度の高い、濃い感触の麺に合っていると思います。
メニューにはありませんが、辛めの焼酎なんか相性がいいかもしれません。

テーブルには七味、黒七味、辛味(唐辛子?)が置いてあります。
こういう辛味調味料は、甘いだしに入れるといいんでしょうか。


今回は地元・関東のうどん、武蔵野うどんを食べてきました。
讃岐うどんのそれとはちょっと違ううどんを、皆さんもいかがでしょうか。