うどん部とは

うどん部の活動内容について紹介します


概要

コンセプト

コンセプトは「うどんを学ぶ、うどんで学ぶ」となっています。

入部

入部条件

学生でありうどんを食べられるならば、だれでも入部が可能です。社会人については現うどん部員の紹介をお願いします。

入部方法

うどん部は随時入部可能です。うどん部 (info@todaiudonbu.jp) までご連絡ください。応対いたします。
うどんへの熱い想いを語っていただけると、早いうちから覚えられやすくなります。


活動内容

遠征

遠征は、うどん屋さんでうどんをいただく活動です。
基本的には行きたいお店に行くだけなのですが、以下のようなシリーズもの、企画ものもあります。
  • 本郷周辺うどん: 本郷キャンパスに通う部員を中心に、本郷周辺のうどん屋さんに行く遠征。 
  • 駒場周辺うどん: 駒場キャンパスに通う部員を中心に、駒場周辺のうどん屋さんに行く遠征。
  • チェーン店第3勢力シリーズ: 店舗数ベースでうどんチェーン最大勢力の丸亀製麺、第2勢力のはなまるうどんに続く第3勢力のチェーン店を訪ねる遠征。
  • チェーン店徹底比較: 複数のチェーン店を同じ日に次々と回って比較するしんどい遠征。
  • 香川遠征: 讃岐うどん発祥の地・香川を訪れて讃岐うどんの何たるかを少しでも知ろうとする遠征。毎年行っています。

部員間でなかなか都合も合わないので、各回参加は任意です。部員の誰が提案しても構いません。 今までに確認しただけでも139件のうどん屋さんに訪問しています。
遠征の様子の一部は遠征で紹介しております。 

うどん作り

2008年9月に、初めてうどん作りを行いました。プロ用の小麦粉(オーストラリア産、香川産とも)を入手し粉から作りました。

現在も年に数回のペースでうどん作りを行っています。

学園祭(五月祭(5月)、駒場祭(11月))

うどん部として初めて学園祭に参加したのは2010年5月に開催された五月祭です。うどん部の活動紹介展示およびうどんマップの配布を行い、大変好評をいただきました。
続いて、2010年11月の駒場祭では焼きうどんを販売し、大盛況となりました。
先日行われた五月祭でも焼きうどんを販売し、またまた大盛況となりました。

その他

駒場祭2010での焼きうどんの販売をきっかけに、コンビニ焼きうどん徹底比較を始めました。恐らく世界一詳しい、コンビニで販売されている焼きうどんのレビュー集です。
また、元部長の加藤がうどん資料を集めています。今のところ集めているだけで分析はしていません。
その他の活動もどんどん提案してください。うどん屋さんのデータを統計的に解析したり、他にも色々考えております。